スーパーロボット大戦L

R
発売日
2010年11月25日
対応機種
DS
現在の価格
Amazon/楽天市場
参戦作品
鉄のラインバレル
マクロスF
ヱヴァンゲリヲン新劇場版
獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ
戦え!!イクサー1
新機動戦記ガンダムW
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
超電磁ロボ コン・バトラーV
超電磁マシーン ボルテスV
ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
鋼鉄神ジーグ
マジンカイザー
神魂合体ゴーダンナー!!
評価と感想を書く
R

オリジナルキャラが空気90点

鉄のラインバレルがUXとは違いアニメ版からの参戦。 他にもイクサー1などこのスパロボにしか参戦してない作品が多数。

スパロボとしては珍しくオリジナルキャラが空気。 前作と真逆の扱いになっている。

シナリオの出来は高く、ガンダムWの五飛というキャラがラインバレルのキャラみたいになっていたり、ガンダムSEED DESTINYのシナリオが大きく変更されているなど、どれも好評。 特にSEED DESTINYの扱いはよく、このスパロボプレイしてキラの評価が上がった。

隠し要素は少ないが、全ての隠し要素を同じ周回で出す事は不可能。 隠し要素を達成した時のシナリオがいい。

戦闘アニメも出来がよく、BGMもクオリティが高いのでプレイしていて飽きない。

R

SEED DESTINYの改変が素晴らしい!85点

SEED DESTINYの話が、アニメと比較して良い意味で改変されているのはすばらしかったです。 シン側とキラ側がうまい形で共闘していったり、ハイネが生存して最後まで出撃できたりしたのも良かったと思います。 スーパーロボット大戦Zと同様、本来あるべき内容なのではないかと言えます。

1機だけで複数の敵機に攻撃する事がMAP攻撃以外でなかったのが、やや爽快感に欠けて残念でしたが、今作もやり取りや掛け合いがうまく、そのマイナス面が補われていると思いました。 スパロボシリーズで欠かせない良作の1作ではないでしょうか。