新幹線変形ロボ シンカリオン

R
公開年
2018年
監督
池添隆博
製作
OLM
評価と感想を書く
R

バトル中の違和感35点

1話ごとのストーリー展開や主要な登場人物たちの外見・性格は幼児向けに感じられる反面、メンテナンスについて細かく描写されたり、ボーカロイドモデルのキャラやコミケ好きのキャラがいたりと対象年齢高めな部分もあってアンバランスな印象を受けました。

また、変形・合体のグラフィックが素晴らしいぶん戦闘シーンでは機体内外の絵的な差が激しく、バトル中ずっと違和感がつきまといます。

みずほが両手持ちでハンマーを振りかぶる際などは胸部の先頭車両が邪魔にならないかと気になってしまって、ロボットのデザインにもなんとなくちぐはぐ感がありました。