超時空要塞マクロス

R
公開年
1982年
原作
スタジオぬえ
製作
タツノコプロ
話数
全36話
動画配信
2サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
第3次
EX
第4次
F
COM
64
COM2
α
参戦
α外伝
参戦
A
IM
R
第2次α
COM3
D
MX
GC
第3次α
参戦
J
W
Z
K
NEO
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

初音ミクの元祖?70点

アイドル、バトル、三角関係という後に続く「マクロス」シリーズの基礎を作った第1作は、日曜日の午後2時という不思議な時間に放映された。

トムキャットに似たバルキリーがOPでクルッと1回転して手足が出たガウォークに変形した衝撃は今も忘れはしない。

ストーリーは地球人と文化を知らない宇宙人との星間戦争か描かれるが、それを歌で解決しようという発想にまたもや驚かされた。

アニメという二次元アイドルのリン・ミンメイの歌が歌謡曲の番組で流れる様は、ある意味で初音ミクの元祖と考えるのは行き過ぎだろうか。

本来ならばもう少し高得点でも良いのだが、TVシリーズでは明らかに作画が劣化した回もあり、敢えて厳しめとした。

R

ミンメイの小悪魔的な可愛さ100点

「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の感想

劇場版はミンメイの小悪魔的な可愛さを全面に押し出してるところが大好きです。 劇場版の方が美樹本先生の原画に近いキャラクターデザインなので、テレビ版よりも好きです。

こんな可愛いミンメイに迫られて、未沙を選んだ輝はバカだと思います。 輝から歌詞を受け取る瞬間、ミンメイが健気すぎてイントロ流れ始めたら涙がぶわっと溢れました。 もうその後の怒涛の戦闘シーンは、言葉では表せないほど大好きです。

戦闘シーンの映像美と甘いラブソング、アンマッチなはずなのにめちゃくちゃ引き込まれて鳥肌立ちます。 未だにこの映画は私の中の感動作です。 全てにおいて本当にすごい作品です。

R

ミンメイは好印象85点

「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の感想

TVシリーズをベースにしながらも、ストーリー、作画とも完全新作のオリジナル。 異常なほどの書き込みとスクリーン狭しと動き回る板野サーカスの動画の嵐に当時のファンは熱狂したものである。

気になる三角関係の結末はやはり輝と美沙が結ばれるが、ミンメイの性格はTV版の気紛れぶりよりも劇場版の方が輝に対する一途さが出ていて好印象。

主題歌の「愛おぼえていますか」は現実世界でもヒット曲となり、アニメがヒットコンテンツに繋がるという先鞭をつけた作品といっても過言ではない。