マシンロボ クロノスの大逆襲

R
公開年
1986年
監督
吉田浩
制作
葦プロダクション
話数
全44話
動画配信
2サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
第3次
EX
第4次
F
COM
64
COM2
参戦
α
α外伝
A
IM
参戦
R
第2次α
COM3
D
MX
参戦
GC
第3次α
J
W
Z
K
NEO
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

水戸黄門ロボットアニメ80点

元々はマシンロボという玩具に関連したアニメ作品だったが、登場人物のロムやレイナたちに人気が集まった異色作。

ストーリーは各地で悪さを働くギャラクシーをロムたち一同が倒していくという、勧善懲悪が明確な水戸黄門のような、いわば「偉大なるワンパターン」。 だがそれがいい。

決まった時間に決まった台詞は見ている者に妙な安心感を与えてくれた。 困った人を助けるロムの最初の姿はいつも逆光。

口上を述べるロム「人それを〇〇という」、敵が丁寧に「誰だ」、するとロムはこう答えてジャンプする、「貴様らに名乗る名前はない!とぅ!」もはや様式美である。

R

ロボットが滝修行85点

武道アクション映画の様な、ロボット達が滝の中で修業をする場面はとても斬新でした。

軽妙なやり取りで喋っている場面にも親しみを覚えました。 なかには、何故か関西弁を発したりするキャラクターもいたりしたので、それぞれのキャラクターにより特徴を付ける事ができた作品だと思います。

また、ロムが父親から受け継ぐ感じで「バイカンフー」の力を身に着けたという点については、かなり分かり易く物語に入り込めました。

エンディングテーマでは、本編で見る事のできない(ヘルメットを脱いだセクシーなレイナやズコケる敵キャラ等)キャラクターのギャップも楽しかったです。