機動戦士ガンダムSEED

R
公開年
2002年
原作
矢立肇/富野由悠季
監督
福田己津央
製作
サンライズ
話数
全50話
動画配信
5サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
第3次
EX
第4次
F
COM
64
COM2
α
α外伝
A
IM
R
第2次α
COM3
D
MX
GC
第3次α
参戦
J
参戦
W
参戦
Z
K
参戦
NEO
L
参戦
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

映像の質が高い21世紀のファーストガンダム95点

21世紀のファーストガンダムとして、色んな媒体に対して影響を与えた作品だなと思いました。 映像の質が高くて、これを1年間続けてこられた製作陣の能力に感動しました。

ストーリー展開も古い友人同士の二人の主人公達が対立する陣営に分かれて戦争をしていく前半の内容と、お互いに手を結び戦争終結に向けて努力する後半の展開がリアルタイムで見ていた当時とても新鮮でした。

クローン人間に対して、「法など変わる、所詮人が作ったもの。」と言ったシーンは印象深かったですね。

R

ハマった90点

この作品の放送当時に職場の後輩が録画した物を貸してくれて、ガンダムに久しぶりに触れたら...ハマりました。

特にモビルスーツが機動戦士ガンダムしか知らない、しかも一部しか見たことがない私にとって、すごくデザインがかっこよく見えガンプラにもハマりました。

特に印象に残っているのは、キラの能力が異常に高すぎると思った。 ラクスを見て可愛いと思った。 しかも、後で調べたら、ラクスの中の人は高校の後輩という驚き。

R

後半はある程度すっきり60点

作画が好きで見はじめました。 親友が敵として現れる展開の話はあまり好きではないのですが、SEEDは続きが気になったので見てました。

敵対の前半パートと仲直り後の後半パートそれぞれがあって、私はやっぱり仲直り後の後半パートが好きでした。

前半はすれ違いが多くてヤキモキした気持ちで、終わった後結構引きずる感じがしてたんですが、後半はある程度すっきりして「よし来週だ」と思って鑑賞しました。

R

フリーダム格好いい!60点

私が初めて観たガンダムです。 1番思い入れの深い作品でもあります。 ナチュラルとコーディネーターという2つの種族による争いがとてもわかりやすく描かれ、戦争というものの恐ろしさを感じられました。

キラの乗るフリーダムは本当にかっこよく、乗る人の意思の表れたガンダムでした! 声優陣も豪華だし、音楽も素敵なので私はこのSEEDが大好きです。