機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

R
公開年
1988年
監督・脚本
富野由悠季
企画・製作
サンライズ
話数
全1話
動画配信
3サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
参戦
第2次
参戦
第3次
参戦
EX
参戦
第4次
参戦
参戦
F
参戦
COM
参戦
64
参戦
COM2
参戦
α
参戦
α外伝
参戦
A
参戦
IM
参戦
R
参戦
第2次α
参戦
COM3
参戦
D
参戦
MX
参戦
GC
参戦
第3次α
参戦
J
W
Z
参戦
K
NEO
L
第2次Z
参戦
UX
第3次Z
参戦
BX
V
参戦
X
参戦
T
参戦
評価と感想を書く
R

宇宙世紀シリーズの集大成95点

私は個人的に宇宙世紀シリーズの集大成だと確信しています。 世界に人の心の光を見せる。 そのために戦う戦士たちに涙しないわけがない!

当時のセル画の技術であそこまでスムーズに動くモビルスーツたち。 作画の良さ。 そして名曲揃いのBGM、エンディングを飾るTM NETWORKのBEYOND THE TIME。 全てが融合して素晴らしい作品になっていると思います。

なぜこのような流れになってしまったのか、過去作を見て再確認するのも面白いかもしれません。 逆に初めて見る人にとっては、ある程度の予備知識が必要な作品とも言えます。

R

男臭い感情のぶつかり合い88点

ファーストガンダムから年月をかさね、大人の男として成熟したアムロがかっこよすぎます。

登場するモビルスーツも主人公機はもちろんのこと、量産機のデザインもガンダムシリーズ屈指のかっこよさです。

30年以上昔の映画だとは思えない作画の良さで、今見ても特にモビルスーツ戦は興奮します。

アムロとシャアの男同士の因縁の決着、男臭い感情のぶつかり合いのなかで発せられる富野監督特有のセリフ回しもたまりません。

R

大人向け75点

大人になったアムロとシャアの再激突はとても見ごたえがあった。

クエスとハサウエイなどの恋愛模様も挿入され、ストーリーの幅を広げていて高評価であるものの、結論がなんか期待外れというか、未だによくわかんないです。

子供たちから見ると?がいっぱいつくような作品なので、完全に大人向けだと思う。

R

続きが知りたい85点

安彦キャラではなくなったので見る気はなかったのですが、周りのガンダム好きに「見る価値がある」と言われ見ました。

見始めてすぐにZの続きだとということが分かり、キャラクターはちょっと仕方がないと思い見ているうちにストーリーにのめりこんでいきました。

なんといっても、アムロの乗るガンダムがカッコいい! そしてシャアが大人で凛々しく元々カッコいいキャラなのにすごみが増していい! 終盤のアムロとシャアの戦いの中で、シャアが今までに感じたことのない感覚の表現がよかった。 ただ、終わり方があの2人はどおなったのか気になるので、続きが知りたいです。