機動武闘伝Gガンダム

R
公開年
1994年
原作
矢立肇/富野由悠季
監督
今川泰宏
製作
サンライズ
話数
全49話
動画配信
3サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
参戦
第3次
EX
第4次
参戦
F
参戦
COM
64
参戦
COM2
α
α外伝
A
参戦
IM
参戦
R
参戦
第2次α
COM3
D
MX
参戦
GC
第3次α
J
参戦
W
Z
K
NEO
参戦
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
参戦
評価と感想を書く
R

熱血バトルマンガみたいな作風85点

宇宙世紀以外の初のガンダムとして作られた作品。 ガンダムでプロレスをやるという発想から生まれた。 本編は少し暗い話となっていて、ノリが合えば非常に楽しめる。

作品の出来は非常に高く、特に後半のガンダムファイトのシーンは作画のクオリティが高い。 今のアニメよりも作画がいい。

熱血バトルマンガみたいな作風でただの布で敵の機体を撃墜するなど、パイロットが強すぎる描写がある。 機体乗り換えのシーンは忘れられない名シーン。 後半の決勝トーナメント編はどのバトルはとても面白い。

特に45話は最終回と評判。 スタッフが間違えてラストシーンで完と入れてしまったという話が出るぐらいの最終回。

R

個性的なキャラ80点

それまでのガンダムシリーズとは趣の違う作品で、主人公が大人であること、舞台が地球なこと、ガンダム同士で格闘技をすることなどにまず驚かされます。

放送開始当初は戸惑いも覚えましたが、強烈なインパクトを有するマスターアジアを始めとして各国代表などの個性的なキャラクターや、技名をシャウトしながら熱い必殺技を繰り出す肉体派なガンダムたちの闘いが視聴を続けているうちにクセになり、物語にもどんどん引き込まれていきました。

当時はドモンとレインの絆が幼なじみ以上に深まっていく様子にも非常にドキドキさせられました。

R

斬新!85点

ガンダムに格闘技を織り交ぜた話と設定は、斬新で面白いと思いました。

世界の覇権を戦争でなく格闘大会で決める点や、各国の様々な形状のモビルファイター等、ガンダムの世界観を大きく広げた1作ではないかと思います。

またデビルガンダムの生体ユニットにされたレインが、まるで金属のような全裸の像にされたみたいで、とても刺激的でした。

R

違和感のあるガンダム60点

初めてこのGガンダムを見て、言葉を失いました。 今までのガンダムシリーズとは全く違う内容で、「これは本当にガンダムなの?ガンダムのパクリか?」と本気で思いました。 ですが、不思議なことにキャラクターが個性的すぎるのか、どんどん引き込まれていき最終話まで見終えました。

最後の最後まで、「ガンダムシリーズにしては、ギャグテイストで不思議な作品だな」と思いました。 作品としては、とても面白かったです。 ですが、「ガンダムシリーズの中の一作」と思うと「これはガンダムじゃない」と思ってしまう違和感がかなりある作品でした。

R

デビルガンダムは本気で気持ち悪い80点

前作Vガンダムがシリアスだった反動からか、本作では世界各国にガンダムがいて、ユニークというか突飛なデザインのガンダムが大半です。

それらが格闘技で戦う少年漫画のような展開に、従来のガンダムファンからの拒絶反応は想像できます。

当時幼児だった私はかなりハマっていた記憶があり、デビルガンダムは本気で気持ち悪かった記憶があります。

師匠マスターアジアなど魅力的なキャラも多く、熱いドラマを堪能したいときに見たい作品と言えます。

R

ノリが良い!100点

放映当時は宇宙世紀から離れてしまったストーリーで前作からの繋がりがなくなり正直戸惑いもありましたし、楽しめるかどうか分かりませんでした。

ですが、単体作品として見始めたときガンダムなのにヒーロー戦隊物のようなノリがとても楽しく、各話も繋がりがあるものの1話完結型に近く毎回の放送を楽しめました。

劇中の人間ドラマも見ごたえがあり、25年たった今でも楽しめる素晴らしい作品だと思います。 また、声優陣と歌もノリが良く最高です。