ガンダムビルドファイターズ

R
公開年
2013年
原作
矢立肇/富野由悠季
監督
長崎健司
製作
サンライズ
評価と感想を書く
R

夢が広がる作品100点

ガンダムシリーズはどれも人間関係や心情を描く作品が多いですが、本作はその中でも、夢にまで見た、自分の作ったガンプラが自分の機体になるという、これまでに無いコンセプトになっていて、ガンプラを作る人々の夢のような作品でした。

ガンプラを1体作るのに、本来のストーリーに沿った作り方もあれば、改造し、オリジナルの設定を組み込む作り方もあります。

オリジナルの設定、作品の仕上がりが機体の性能を左右するという、ただパイロットの操縦技術、戦略のみを取り上げるのではなく、想いや設計力が大切になるという面で夢が広がる作品です。

R

ガンダムシリーズの入門80点

この作品は作ったガンプラを実際に動かして戦うアニメ。 作品としての出来は非常に高く、ガンダムシリーズの小ネタが多い事としても有名。 歴代ガンダムシリーズのガンプラをベースとした機体デザインはとても好評。

最終回付近の話は毎話最終回と言ってもいい出来のよさ。 ある機体は15話が放送されたあと、いっせいにプラモデルが売り場から無くなった事もある。

ガンダムシリーズの入門としても楽しめるし、元ネタを知ってみてから見るのもありな作品。