機動戦士ガンダム0083

R
公開年
1991年
監督
加瀬充子/今西隆志
製作
サンライズ
話数
全13話
動画配信
2サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
第3次
参戦
EX
参戦
第4次
参戦
F
参戦
COM
参戦
64
参戦
COM2
参戦
α
参戦
α外伝
参戦
A
参戦
IM
参戦
R
第2次α
参戦
COM3
D
MX
GC
第3次α
参戦
J
W
Z
K
NEO
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

ガトーの男気100点

若造パイロット(コウ・ウラキ)とベテランパイロット(ガトー)の戦いがとてもよかった。

ガトーの男気や無念の念が凄まじく、何とも言えない感情になった。

機体のカッコよさもいい。 特に好きなのはステーメン。 機体のスマートさがいい。

サイサリスの武器、アトミックバズーカもとても好きだ。 ガーベラは少ししか出ないが、その出来た経緯を知ると切なくなる。

R

トップガン的なパイロットの成長ストーリー95点

シリアスな戦いと人間ドラマが最高におもしろい作品でした。 登場モビルスーツ・モビルアーマーのデザインもガンダムとZガンダムの間のメカなんだということが分かるデザインでより宇宙世紀に深みが出ました。

ファーストガンダムでは語られていない1年戦争当時のジオン軍の側面を見ることができ、ジオン軍が好きな人には堪らない最高の作品だと思います。

連邦軍側はトップガン的なパイロットの成長ストーリーですが、パイロットが成長していく様も面白かったです。

R

クオリティは高い65点

OVAの第2段は0080とは対照的に戦闘シーンだらけで、1話も最初から痺れる模擬戦で幕を開けた。

今では当たり前のガンダムVSガンダムという図式を始めて映像化したのも本作である。

ストーリーは初代とZの間の物語なので、公式年表と矛盾が出ないよう特筆すべき点は乏しいが、凝りに凝った作画は当時発売時期を延期するなどの入れ込みで今見てもクオリティが高さに驚かされる。