機動戦士ガンダム0080

R
公開年
1989年
監督
高山文彦
製作
サンライズ/バンダイ
話数
全6話
動画配信
2サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
第2次
第3次
参戦
EX
参戦
第4次
参戦
F
参戦
COM
参戦
64
COM2
参戦
α
参戦
α外伝
A
IM
参戦
R
第2次α
COM3
D
MX
GC
参戦
第3次α
J
W
Z
K
NEO
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

悲しすぎるストーリー80点

コメディーの様な明るい音楽を全体的に用いることで、あまりにも悲しすぎるストーリーを緩和しているのだろうと思います。

主人公である少年は、ただ皆と幸せになりたかっただけなのに...。 自分の周囲に居たのは、敵同士で最終的には殺しあわなければならないパイロット達だったとは、本人達も知らない事実でした。

その間に居る主人公は、終戦の知らせを敵パイロットである友人の様なお兄ちゃんに伝えに行くけれど時既に遅し。 決着が着いた後だったという最後は、悲しすぎる終わりです。 どうにか出来なかったのかと、深く考えさせられました。

R

涙腺崩壊75点

主人公のアルフレッドが小学生ということもあり、他の作品より日常の生活描写が多いのが特徴的で、ガンダム初のOVAとして戦闘シーンを期待した人には物足りなさを感じるかもしれない。

しかし、アルとジオンの新兵バーニィとの交流を通じて戦争の残酷さを訴える脚本の妙は、涙腺崩壊するだろう。 バーニィ最後のメッセージと相まって人気の高い作品である。