ゲッターロボ

R
公開年
1974年
原作
永井豪/石川賢
製作
東映
話数
全51話
動画配信
1サイト(詳細
評価と感想を書く
R
第1作
参戦
第2次
参戦
第3次
参戦
EX
参戦
第4次
参戦
F
参戦
COM
参戦
64
参戦
COM2
参戦
α
参戦
α外伝
参戦
A
参戦
IM
参戦
R
第2次α
参戦
COM3
D
MX
参戦
GC
第3次α
参戦
J
W
Z
K
NEO
L
第2次Z
UX
第3次Z
BX
V
X
T
評価と感想を書く
R

懐かしい...。85点

子供の頃、毎週見ていました。 当時はロボットアニメの作品が多くなってきており、またそれまではロボットを人が遠隔操作して相手と戦うといったスタイルでしたが、段々と人がロボットと合体して戦うスタイルに変化していきました。

ゲッターロボも3人の若者がそれぞれ操縦する戦闘機を合体させてゲッターロボになるといったストーリーでしたが、単純にゲッターロボではなく、三体の戦闘機の合体の組み合わせで3パターンのゲッターロボになるといった発想がとても斬新で、毎回楽しみにしていまいした。 懐かしい...。

R

武蔵の死は物悲しい75点

マジンガーZと並ぶスーパーロボットアニメの金字塔ともいえる存在で、現在では当たり前のように使われている複数の戦闘形態によへの変形のアイデアが初めて導入された意味でも画期的でした。

ストーリー的には敵である恐竜帝国側のキャラクターの中にもドラマがあり、悲しい最期をたどるものも少なくないのが胸打たれますね。

主人公3人のキャラクターは原作とはかなり異なる形になりましたが、デビルマンでも同様でしたので、子供向けアニメとしては当然の配慮だったのかもしれません。

ゲッターシリーズでは避けて通れないとはいえ、コメディリリーフの武蔵の死で幕を閉じるのも物悲しい印象でしたね。